FC2ブログ

☆2020年6月のエネルギー☆




おはようございます。
皆さま、今朝のお目覚めはいかがでしたか?
わたくしは、お水を飲む量が夏に向けて確実に増えている。
週に一度、六甲山の宮水を汲みに行ってるんやけど
五日に一度、三日に一度になった。
40リットル以上、恵みの水を頂いています。
我が家はエレベーターがないので、
四階まで旦那さまと表情筋使いまくりながら
無言で一気に階段を上り運んでいます。
旦那さまはいつも20リットルと
10リットルのタンクを運んでくれます。
わたくしは2リットルや1.5リットルの
ペットボトルを10本くらい運んでいます。
たまに10リットルのタンクを運ぶ時に
ホント、あれ持ち手が持ちにくいのよね~。
だから、おもむろにお米屋さんスタイルで
ヨイショって肩に乗っけてみたりなんかして。
そんな予想外のわたくしの行動を旦那さまはいつも爆笑してくれます。
「危ないやろー、笑かしたらアカンやろー」ってね。
いや、わたくし至って真面目なんですけど。みたいな。
いや、そんなことより、
いつも旦那さま、重い重いのを寡黙に、時にはくじけそうになりつつ、
時には爆笑しつつ、四階まで運んでくれて本当にありがとうございます。
これからも一緒に仲良く運ぼうね。



6月6日は、ストロベリームーンでしたね。
朧月で幻想的な見た目とは裏腹に、
一瞬の瞬きで世界が変わっちゃうよな、
長い夢から覚めちゃうよな衝撃を受けたりなんかして。
強制的な終了とか消去って感じかな。
アンインストールされたみたいな。
今朝の☆今日のメッセージ☆とリンクしてるね。
ストロベリームーンさんは、わたくしに一撃の稲妻を落としてくれました。
一撃の稲妻を落とされるの今生で何回目やろ?

20200610081802e0d.jpg













☆2020年6月11日~20日までのエネルギー☆



もう、すぐそこまで近付いて来ている、
パワフルなクライマックスというような
カウントダウンのエネルギーを強く感じます。
それは、確実に綿密にすべてがパーフェクトな状態で進んできました。
一体どうしてこんなことが起きてしまうのかと
心を揺さぶられ時には激しく慟哭してしまう時もあったかもしれません。
時にはこんなに喜ばしいことが起きてしまっていいものだろうかと
嬉しすぎて笑いが止まらない時もあったかもしれません。
ルーティンワークに日常を捧げたり、
何も変化が起きず退屈な日常に飽き飽きしたり、
このままではいけない気がすると焦ってしまう時もあったかもしれません。
とにかくあなたは千差万別の意識の糸を紡いで来ました。
そして、もうすぐひとつのタームが完了を迎え、
次の幕が明ける直前に来ているようです。
誰かの号令を待つのではなく、誰かのルールに倣うのではなく、
あなたが能動的に活動出来る場所を自ら見つけるのです。
その場所では誰もが自分に正直に真実と共に生きています。
正直であること、真実を見極めることが当たり前の世界です。
空を見上げましょう。
眩しくて熱い太陽はあなたに何を語りかけてくれていますか?
野生の鳥たちの鳴き声はあなたに何を語りかけてくれていますか?
雲の流れやあなたにそよぐ風はあなたに何を語りかけてくれていますか?
もっと自然と会話をしてください。
自然からのメッセージを受け取ってください。
松果体の場所にあなたの好きな花が咲いているイメージをしてみましょう。
そして、その花の香りを深い呼吸と共に吸い込んでください。
吐く息と共に柔らかい花びらを宙に舞い散らせてください。
松果体にウェイクアップコールを鳴り響かせましょう。
完全に目覚めた状態でクライマックスを迎えましょう。







☆愛と感謝と祝福を込めて☆
ひろめひろこ


スポンサーサイト



line

☆今日のメッセージ☆

202006101539334d9.jpg



「自分の力ではどうにもならなかったこと、
本当は心の奥底で望んでいるはずの自己の壊してしまいたいもの、
消してしまいたいものに、一撃の稲妻が命中して崩壊するでしょう。
しっかりと自分の目で壊れ消えていく様を見届けましょう。」


☆愛と感謝と祝福を込めて☆
ひろめひろこ
line
line

line
プロフィール

ひろめひろこ

Author:ひろめひろこ

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line