FC2ブログ

☆2020年8月のエネルギー☆





おはようございます!
皆さま、今朝のお目覚めはいかがでしたか?
水道の水が熱湯でございます。
てゆか、毎日がぱわふる過ぎませんか?
はれーしょん起こしまくりで真っ白けで何も見えなくなったり。
めまいでくらくらしちゃうね。
甘くてぴりりとスパイシィなニッケ玉(ニッキ飴)に癒される今日この頃です。





ペルセウス座流星群がお空でびゅんびゅん飛び交ってる頃。
なんだか外側が焦ってきている感じがしてさ、
露骨になってきたというか、
ますますエネルギーが合わなくなってきてさ、
「そっとしといてよ」って孤独感のカプセルの中で膝を抱えて
うずくまってる感じがしちゃったりなんかしてさ。
取り残されてるのか、それともわたくしが何処かに行ってしまったのか。
ほーむしっくとゆうか、センチメンタルになっちゃったりしてたのよ。
そしたら、14日の4時30分頃に、
いつものよに書斎でワークしながら、
窓からお空をぼおんやり眺めながら
そうるふぁみりーさんの真似して
「ET PHONE HOME.」ってお星さまに向かって言ったら
何度かピカってくれたと思って満足してると
目の前にぴゅうんって超デカのペルセウスが流れたのよ。
あまりにもでかくって眩しくってタダ者ぢゃなかったから
あわてて調べてみたら『火球』というものだったかもシレナイわけで。
Orio Brogさまから画像をお借り致しました。
ありがとうございます。

こんな光が目の前ぴゅうんって六甲山に向かって流れて
涙がつーってわたくしのほっぺた流れたのよ。

20200819134240676.jpg

















☆2020年8月21日~31日までのエネルギー☆



『母の愛』がテーマのようです。
これは、とても繊細で深遠であり、
あなたの魂を揺さぶる永久永遠のテーマだと言えるでしょう。
あなたは『母の愛』についてどのような意識や概念を持っていますか?
あなたのハートはどのように理解を示しているのでしょうか?
あなたにとって『母の愛』とは何ですか?
今ここで自身のハートに問い掛けてみてください。
『母の愛』について向き合う時の
あなたのハートの状態をよく観察してみましょう。
『母の愛』とは本来、
宿す、守る、産み出す、育てる、信じるなどの
森羅万象の生命をサポートするという
宇宙由来の偉大なエネルギーを象徴しています。
そうです、『母の愛』は大宇宙なのです。
そして、性別、年齢、国籍などの隔たりの条件を越え
誰もが母親の胎内に宿り産まれてきた宇宙の神秘を経験し、
誰もが『母の愛』の証人であり、
誰もが『母の愛』の保持者なのです。
決して誰かに証明してもらうものではなく、
あなた自身があなたの人生において
あなたの力で『母の愛』を証明していくのです。
今ここで、三次元を遥かに越えた、
『母の愛』の高次元までシフトしましょう。
もしも今生であなたが母親との関係に
障害や問題を抱えているのだとしたら
それは、母親の人生のシナリオに
あなたが過剰に荷担している事が原因なのだと気付いてください。
母親に差し伸べるその両手を
あなた自身を抱き締めるために使ってください。
あなた自身のケアを優先することを心掛けてください。
あなたに出来ることはあなたの人生の物語を真剣に紡ぎ続ける事です。
さあ、今ここであなたが宇宙から授かった『母の愛』を錨に変えて
大地に下ろしましょう。
これまでのあなたなりの『母の愛』の概念を
宇宙レベルまで拡大拡張させましょう。
そして、『母の愛』の保持者であるあなたが
あなたのいかなる絶望をも包み込める温もりに気付いた時、
その温もりを他者にも分け与えれる真の喜びを知るのです。




*おまけメッセージ*

シラカンバ(白樺)の樹木からパワーをもらいましょう。
あなたの向上心に刺激を与えてくれます。








☆愛と感謝と祝福を込めて☆
ひろめひろこ





スポンサーサイト



line
line

line
プロフィール

ひろめひろこ

Author:ひろめひろこ

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line