FC2ブログ

とうもろこし・とうもろこし・・・。

今年もいつもの場所のハクモクレンが満開になった。
ほんまに見事や。
そこを通るたび必ず見つめてしまうハクモクレンの木。
若葉が茂っている時も
枯れ木の時も
つぼみの時も
いつもいつも気になるハクモクレンの木。
ただそこにあるというだけのことやのに
なんかしらんけど惹きつける魅力を感じる。
ほんまにええわあ。
憎らしいほどかっこええわあ。



わたし、
小学生んときのある遠足の日、
突然・無性に
トルルルルルルルルルルゥって
電話の音みたいなんを口で鳴らしたくて鳴らしたくて仕方なくなってもてんよなあ。
で、友達と手繋いで歩きながら、友達巻き込みながら(笑)
ずっとずっと練習するねんけど、なかなかできんくて
それでもあきらめんとずっとずっと練習しとったら
「あ!そうや!とうもろこし、とうもろこし言うとったら
言える気がする!」ってわたしのひらめき電球が光ってん。
で、遠足の1日中みんなで「とうもろこし、とうもろこし」言うてたわ。
遠足どこ行ったんか忘れるくらい練習に集中しとったなあ。
ほしたら帰る頃にやっと・やっと、
トルルルルルルルルルルルルルゥが言えてん!!!
めっちゃ嬉しかってん!!!
なんやろ、そやな。
わたしはあんとき、言えるて、出来るて、思い込んでたし、
そこには全くの疑いの意識とかなくて
とにかく「言える」ことしかイメージしてなかった自分を覚えてる。
イメージの中の言えてる自分と実際の言えてる自分が
ぴったりと重なった時、最高のえくすたしー感じれたわ。
(もちろん、小学生のわたしの辞書には
えくすたしーという文字はなかったけど)
いつも、そうやった。
出来ひんからじゃなくて出来ることを知ってるから
いろんなこと一生懸命やったんやってこと。
出来てる自分に出逢いたくてそこに向かってたんやってこと。

なんか急にそんなこと思い出した。
春分の日やお彼岸の時期になると
いつも以上にセンシティブになってまうからかなあ。


あ!そや!
わたしには初対面で一目ぼれして
3年越しにやっとナンパするチャンスをつかんで
それから急激に仲良しになった友達がいるんやけど
その友達のおばあちゃんの話を去年初めて聞いて
わたしと友達を繋いでくれたんは
きっと友達のおばあちゃんかもしれへんわと思ってん。
で・3月6日に突然そのおばあちゃんからのメッセージを受け取ってたん思い出した。

「情熱を眠らせてはいけないよ。片時も」って。

おばあちゃんが友達に伝えたがってるメッセージやと思ってたけど
きっと、あのメッセージはみんなに伝えようとしてたんやわって気付いたから
ここに書かせてもらいました。

Hちゃんありがとう。
Nちんありがとう。


もうすぐ桜が咲くよ。
春本番や!




ビニール傘が強風でバコってさかさまにひっくり返ってもて
あちゃあて思いした時その場におんなじことになってる人達を
みかけたことのある人
今日のおみくじ・大吉。
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

高校時代、ラグビーの試合前の夜は遅くまで試合をイメージして心臓がドキドキして興奮していました。試合中はほとんど考えないで、最高に緊張して、ただ集中の中でプレイしていました。トライをしたときの気持ち&感覚が、今思うと、えくすたしーだったのですね。
あの頃の無償の喜びはかけがえのないものですね。
人を愛する、この無償の情熱もこの頃にあったのですね、年をとっても変らないものが、人にはいきていますね。

情熱・無償の愛といえば
祖母そのものです。
毎日祖母の話を誰かに話している気がします。(笑)
自分で、「あ・またおばあちゃんの話してる」
って思いながら。(笑)

kenshinさんの情熱・無償の愛も永遠に生きていますね。
line
line

line
プロフィール

ひろめひろこ

Author:ひろめひろこ

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line