FC2ブログ

☆2019年12月のエネルギー☆





おはようございます。
今朝のお目覚めはいかがでしたか?
わたくしは、11月後半辺りかららすとすぱーとがかかったよな感じで
更にこないだの満月さまが後押ししてくれたよで
ぱっかあんと桃から生まれた桃太郎気分でげす。
やっぱ、つるつるすべすべがイイッス。
いつだったか夢見で修学旅行なのかな?(実年齢はあらふぃふだっちゅうの)
わたくしひとりだけ、新幹線の乗り換えに間に合わず
みんなが乗っている新幹線を別の電車の中であららららあって見送っていました。
でね、どおしましょって車掌さんとこ行ったら
車掌さんが別の乗り換えルートを教えてくれたんでやんす。
そのルートは時間が早いルートで
しかも綺麗な夕陽が見れちゃうというさぷらいずが
もれなく付いてくるというあめいじんぐルートなわけで。
親切丁寧にまごころ込めて最善ルートを考えてくれた車掌さんに感謝ですた。
でね、すっかり安心しちゃって電車が来るまで夜空見上げて流れ星見つけたり
車掌さんより偉い人と(社長さん?)お茶したりなんかして。
和菓子も出してくれちゃったりなんかして。
ひとりぼっちだけれど、
ソファに座りながら両足ぱたぱた揺らしたりなんかして。
電車が来るのをワクワクしながら待ってたね。
そうです、そうなんです、
みんなとはぐれてしまつたけれど、
わたくしはやつぱり、別ルートで参ります!
という夢見のオハナシ。







最近、『祝詞』がわたくしにせんせーしょなるをビシバシ与えてきます。
年越しの大祓の写真を一枚パチリ。

「祓え給い、清め給え、神かむながら守り給い、幸さきわえ給え」


2019120310191344f.jpg






☆2019年12月21日~31日までのエネルギー☆



あなたの真っ直ぐな視線の先には何が映っているのでしょうか?
今ここで、今この瞬間に映し出されている世界は
あなたに何を見せてくれているのでしょうか?
遠い未来や遠い過去のことはもちろん、
少し先のことでもなく、少し後のことでもなく
たった今のことだけを見つめてください。
今だけを見つめることであなたの足元は大地とひとつになり
あなたのエネルギーは頭頂を突き抜け天と繋がります。
あなたに突然の横風が吹いて来たとしても
あなたが天と繋がっている限りぐらついたり、
ぶれることはありません。
あなたの意思や意図を天に届けましょう。
そして天から光のはしごがかけられているビジョンをイメージしましょう。
あなたの意図と天は光の架け橋で繋がっています。
もし、自分の意思や意図が曖昧だったり
よくわからないという場合だとしても
焦る必要はありません。
天と繋がれないのではないかという心配もありません。
あなたのハートが感じた思い付きや閃きなどの
インスピレーションやアイデアはその場で実現しなくても
すべてあなたの魂のノートに書き記されているので
消えてなくなることはないのです。
そして、実際にはあなたの潜在意識で着々と
今必要なものの準備がなされているのです。
あなたにとって本当に必要なものとは、
あなたの誠実な心でしか見抜くことが出来ません。
愛する人や大切な人への贈り物を選ぶ時の
楽しさやまごころから溢れてくる喜びの感情を思い出してみてください。
さあ、これからは自分自身にどんどん贈り物をしていきましょう。
あなたのハートチャクラでクリアレッドのルビーが
光輝いているイメージをしてみましょう。
あなたの内側に秘めた神聖な情熱と誠実なエネルギーを
バランスよく活性化してくれます。
あなたの情熱とまごころを自分自身にギフトしてあげましょう。
その時、喜んで受け取っている自分を楽しみながらイメージしてください。
情熱とまごころのエネルギーを受け取ったあなたは、
迷いや不安がなくなり、安らぎを得て、
今この瞬間をときめきながら生きていくことが出来るでしょう。








☆愛と感謝と祝福を込めて☆
ひろめひろこ


スポンサーサイト



line
line

line
プロフィール

ひろめひろこ

Author:ひろめひろこ

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line